エパック製品の中心素材

天香石(てんこうせき)

私たちエパックの核となる中心素材「天香石(てんこうせき)」は、太古の歴史的な地球の地下活動により、ガス化した火山のマグマに含まれる様々な微量元素を抱きかかえた状態で誕生した変成岩の一種です。
この偶然とも言える条件下で生まれた天香石は、その組成として微量元素を含む多数の必須ミネラルで構成されていることから、現代の食文化が及ぼすミネラル不足が原因と言われる体内酵素活動の低下を回復させることが期待出来ます。またその特徴は組成だけに及ばず育成光線と呼ばれる4~14㎛領域の遠赤外線を非常に高い放射率で放出しており、この育成光線は生体細胞と共振・共鳴することで細胞を活性化すると言われています。この育成光線を利用して体温を上げることで血液循環をはじめホルモンバランス・免疫力・新陳代謝などの生命維持活動の向上が高く期待できます。

必須ミネラル群、育成エネルギー、つまり化学的にも物理学的にも内側(体内)・外側(皮膚)の両面から生命を支える、それが天香石なのです。
また、弊社では更なる機能性向上を目指し、この類稀な効果を使用環境に応じて最大限の効果を確実・安定的にもたらすよう独自の手法を用いて人工的に作り出すことにも着手しており、医療・美容にとどまらず、あらゆる分野で「唯一無二」の新素材として期待が高まっています。

商品紹介|天降石から生まれた商品をご紹介します