株式会社エパック

入浴剤で温泉気分

入浴剤で得られるリラックス効果の1つは、ご自宅でのバスタイムで有名な温泉地に行ったかのような気分が味わえるところではないでしょうか。しかし、実は温泉には明確な定義があるということをご存知の方は少ないかも知れません。

温泉と定義

温泉は法律としてその定義が明文化されていて、環境省管轄で管理されています。

・温度

摂氏25度以上を有する。

・物質

ガス性のものを除く溶存物質、リチウムイオン、水素イオンなどの物質を1kg中に定められた量以上含む。含まれている物質は「温泉法」によって定められている。

法律上定義されている温泉の中でも、冷え性改善など治療目的に供しうるもので、一定の温度と含有物を含んだものは療養泉と呼ばれます。

泉質を決める基準

温泉にも単純温泉や塩類泉など様々なものがありますが、温泉を分類する条件は含まれている物質以外にも様々なものがあります。例えば温度ですが、温泉は摂氏25度以上で温泉と呼ばれます。摂氏25度未満だと冷鉱泉、また摂氏25度以上でも低温泉・温泉・高温泉の3段階に分かれます。 他にもph値によって分類される液性や含有物質の濃度によって呼び方が変わる場合もあります。旅行代理店や地元観光協会のホームページなどに、情報が載っている場合もありますので、注目してみてはいかがでしょうか。

入浴剤でプラスアルファ

入浴剤で日常のお風呂タイムを温泉のように楽しんでみませんか?入浴剤をご活用いただくことで、最近話題のゲルマニウム泉など、ご自宅のお風呂を簡単に贅沢な空間にすることができます。

株式会社エパックが通販でご提案する入浴剤は、お湯に溶かして楽しんでいただくだけでなく、直接お肌に塗っていただくことも可能なぬる入浴剤なので、幅広い楽しみ方でご活用下さい。
温泉成分に含まれるミネラルが多く入った入浴剤になっています。

●掲載の仕様は実物と若干異なる場合もございます。 ●商品の色、表面仕上、材質などの使用は改良のため、予告なく変更することがあります。