株式会社エパック

日本の水道水と水の種類について

昔はどこの家庭でも水道水を飲むのが当たり前でしたが、衛生面や健康、美容などの理由から、自分好みの水を選ぶことが当たり前になってきました。また、水の宅配を利用したり、通販で人気のある水を取り寄せたりする方も多く、水に対しての意識が高くなってきています。こちらでは水の種類について紹介していきます。

日本の水道水はトップレベル

海外と比べても、日本の水道水の安全レベルはトップクラスです。そもそも日本では水道法というものがあり「水道水質の安全を確保するために、一生涯飲み続けても健康を損ねない、安全性を十分考慮して基準値が設定されている」という水質基準の理念のもと、安全が確立されています。また、原水や浄水、家庭の給水栓から採水した水を定期的に検査し、水道水の安全を保っています。

水の種類

天然水

山脈などで組み上げた水を加熱殺菌・ろ過・不純物の必要最低限の処理だけ行った、いわば採れたてのお水で、日本各地には良質の天然水があります。自然のミネラル成分が豊富で、水本来の甘みやうまみを味わえます。

湧水

地下水が地表に自然に出たものが湧き水で、山の水道菅がない場所で流れている水も湧き水と言えます。人の手によって一切処理されていない、お水本来の味が味わえるのが湧き水です。

純水

ピュアウォーターとも呼ばれ、必要最低限の処理を行った水に追加処理を行い、不純物などを細かく除去されたものが純水と呼ばれています。RO水や脱イオン水、蒸留水、精製水があります。

軟水・硬水

軟水と硬水の違いの基準となるのが、水1リットルに含まれているカルシウムイオンとマグネシウムの量です。カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に少ない水を軟水、比較的に多い水を硬水と分類しています。生活の場面や必要に応じて使い分けると、それぞれの特徴が生かせます。

「美水」は、九州で発見された、ミネラルを多く含む天然石から染みだした湧水を丁寧にボトリングし、お客様にのもとへお届けしています。身体に必要なミネラルを豊富に含む大自然から生まれた天然の湧き水「美水」の美味しさを、是非一度お試しください。

●掲載の仕様は実物と若干異なる場合もございます。 ●商品の色、表面仕上、材質などの使用は改良のため、予告なく変更することがあります。